>  > 只者ではない風俗嬢だったんですよ

只者ではない風俗嬢だったんですよ

先日の風俗嬢Iちゃん。彼女は文字通りただものではないなって。彼女の実力やポテンシャルは相当なものです。彼女に関しては自分のボキャブラリーでは説明出来ないんじゃないかなって思いますね。何が凄いって彼女、常に楽しそうだったんですよ。仕事というよりも、まるでプライベートでこちらを楽しませているんじゃないかってくらい、彼女は常に余裕の表情を見せてくれていたんです。それに感動させられました。それに彼女、余裕があるのは言い換えればそれだけ自分の実力に自信があるからだとも思うんですよね。でなければあそこまで余裕満々な表情は見せられないと思うんですよ。だからその日は彼女の実力だけではなく、雰囲気そのものに圧倒されたんじゃないかなって思いますね。もちろんそれはとても素晴らしい時間だったので自分は何も不満はありません。むしろ彼女クラスの風俗嬢と楽しめたってことで大満足です。あの腕前、只者ではないなって今でも思いますよ。

相当なSでした

とにかく気持ちよくなれれば自分は風俗では良しとしています。色々と楽しい経験が積めるので本当にたくさんのことを味わえるということが分かりました。今回のデリヘルは間違いなくレベルが高いといえるようなお店です。人気がかなりありますので中々女の子の指名が出来ないという初めての体験をしました。このお店で相手をしてれたデリヘル嬢はどんな女の子だったのかというと、見た目は色が黒くて思いっきりギャルという感じです。本当に気が強そうで、絶対にSだと自分は思いました。1人のお客さんに対して攻めまくって感じさせるところを見るのが好きだと言われた時には本当にゾクゾクしてしまいました。最高レベルの接客を行なってくれる風俗嬢はそうは出会えません。自分としては今回の出会いを本当に大切にしたいと思っています。本当に彼女は攻めるのが好きなようで、自分は何回も寸止めをされてしまいました。あれって何回もされてしまうと本当に体がおかしくなってしまいますね。

[ 2017-02-18 ]

カテゴリ: 風俗体験談